ロゴ バナー写真

リトミックとは?

リトミックはスイスの音楽家・教育家であるエミール・ジャック=ダルクローズ(1865~1950)が、児童心理学・大脳生理学の観点から確立した教育指導法です。


リトミックの“ねらい”

「リトミックって何をするんですか?」とよく聞かれます。

「音楽に合わせて歌ったり身体を動かしたり、また、絵カードや積木、パズルなど知育教材も使います。音楽の基礎能力を伸ばしつつ、子供達は楽しみながらいろいろな経験ができますよ。」そうお答えします。

レッスンに来てくださっているお母さんから、「リトミックに参加し始めてから、音楽に対する興味はもちろん、それ以外にも、お友達との関わり方や先生の話を聞く姿勢、娘が変わってきたなぁと思えることがたくさんあります。」とお伝えいただきました。

音楽的、知的なことだけではなく、集中力や社会性、積極性や創造性なども育んでいくのがリトミックです。

とはいえ、全く堅苦しいレッスンではありません。

なないろの森音楽教室には、0歳の赤ちゃんから小学生までのクラスがあります。お友達を増やしたり、親子のスキンシップの場であったり、アンサンブルを楽しんだり、レッスンの目的は皆さんそれぞれです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

私が大切にしているレッスンのポイントは3つ。

①耳を鍛える

音をよく聞き、その変化を感じ取って動くという活動を全てのクラスでおこなっています。
耳が良いと音感教育においてメリットがあるのはもちろんのこと、幼い頃に集中して“聞く”習慣がつくと、人の話にきちんと耳を傾けられるようになります。

②リズム感を身につける

リズムはリトミックの基本です。音楽においてだけではなく、生活はリズムに溢れています。リズム感に優れた子どもは、運動能力や言語能力が高くなるとも言われています。

③表現力・創造力を養う

子どもたちが感じるままに自由に表現をする機会がレッスンの中でたくさんあります。情報過多な現代社会において、感じたこと考えたことをかたちにできる力、それを伝える力は必要です。

音楽が流れる中で『左脳(考える)』と『右脳(動く)』を同時に使う、それはリトミックの大きな特徴です。頭をよく使うということは、子供たちが自分でよく考えるようになります。また、楽しく音楽に触れることで、心身がバランスよく調和されていきます。それこそが、リトミックが音楽教育を超えた人間教育と言われる理由です。

リトミックの楽しさ、奥深さを、是非レッスンで体験してください!

inserted by FC2 system